鏡にむかって自分をほめてあげよう。

心を強くもつことに欠かせないのは自分に自信をもつ事だと思います。

自信過剰ではなく、あくまでも心の芯から自分はOKなのである。
存在しているだけでOKなのであると思うことです。

自己否定が強い人がこれをするのはとても大変なことです。
何かあると自分のせいにしてしまったりしてとても辛いと思います。

そんな時は一日一回でいいので鏡にむかって
自分が他人から言われて嬉しいことを言うがとても効果的です。

これは心理カウンセラーの方から聞いた方法なので信憑性があると思います。

 

私も自己否定が強く、すぐに心が折れてしまって、
常々心を強くもちたいと願っている人間です。

そんな時、心が折れそうな時は鏡にむかって、こう唱えるようにしています。

「○○(名前)はしっかりしてるよ!いろいろな事を考えて
しっかり前を向いて歩いてあるじゃない!すごいよ!」

って励ましてあげるんです。w

これが結構心に響きます。
だって、何もしなければ「あんたってやっぱりダメだね・・。」というような考えが

浮かび上がってしまうので、私にとってはすごいことです。

ただ、ここで気をつけなければいけないことは
「○○(名前)は弱いところあるんだから強くなりなよ!」というような
否定も入っているような励ましは厳禁です。

逆効果になりますのでご注意を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です